新茶

狭山茶 新緑【新茶】

GTGO100LF06
GTGO100LF06
GTGO100LF06
GTGO100LF06
GTGO100LF06

新芽の色と味が乗ってくる時期に丁寧に摘み取り、飲み飽きないように旨味と渋味のバランスを整えました。目覚めの一杯にぴったりのキレのあるお茶です。

“やぶきた”をベースに“ふくみどり”とその他の品種を合組(ブレンド)しています。味の狭山茶ここにあり。

やまとう栗原園の茶工場は、茶畑の目の前に建てられていますので、気温の高い日でも鮮度の良い状態を保ったまま、生葉をすぐに工場へ運ぶことができます。つまり、いつでも常に、より良い状態で茶葉を製造・加工できる条件が整っているのです。

※袋が従来品に切り替わっていますが、中身は今年摘んだ【新茶】です。

【やぶきた】とは?
「やぶきた」は日本で一番普及している品種で、作付面積75%以上(農林水産省2012年調べ)を誇る茶種の代表格です。甘みと渋みのバランスが良く、長い間日本人に愛されてきました。

【ふくみどり】とは?
「ふくみどり」は、上質な渋味と爽やかさが特徴の高級茶葉です。狭山茶を代表する単品種茶(シングルオリジン)のひとつになります。

※送料・配送についてはこちら

在庫状態 : 在庫有り

販売価格  ¥648(税込)

数量  

【内容量】100g

お好みで湯温度を変えて、味や香りの変化をお愉しみください。旨味の濃い一番茶を使用しておりますので、一回で2煎目、3煎目とお飲みいただけます。

※2煎目、3煎目は浸出時間を半分(20秒)くらいで淹れてください。

旨味

★★☆☆☆

香り

★★★☆☆

渋味

★★★☆☆

1人分の茶葉の目安は2〜3gですが、1人分だけ淹れる場合は茶葉を少し多め(4〜5g)に入れると美味しく仕上がります。

上級の茶葉では、お湯の量を少量(少なめ)にし、お湯の温度も70〜75℃に下げて淹れるのがおすすめです。

茶葉

4〜5g(1人分)

湯量

80〜100mL

湯の温度

80〜85℃

浸出時間

40秒

急須で濃い目のお茶を準備して、氷をたくさん入れたコップなどにお茶を注ぎ【水出し茶】としてもお召し上がりいただけます。
当園のおすすめは【寝かし水出し茶】です。

寝かし水出し茶の美味しい作り方

1リットル

茶葉

10〜12g

浸出時間

冷蔵庫で3〜5時間

甘味・旨味が強いお茶がお好みの方……………【お湯の温度:70℃】
キレのある渋味・香りを愉しみたい方…………【お湯の温度:90℃】
濃いめがお好みの方……………………………………【茶葉・浸出時間:多め】
さっぱりスッキリがお好みの方……………………【茶葉・浸出時間:少なめ】

淹れ方を変えて、いろいろ愉しめます!

関連商品

この商品を買った人はこんな商品も買っています